share

カプコンは、シリーズ最新作
「デビル メイ クライ 5(DMC5)」のPC版の動作環境情報を変更したことを発表しました。
最低、推奨要件でのプロセッサー性能が引き下げられ、逆に推奨要件でのグラフィック性能は引き上げられています。その他、対応OSや、AMDのプロセッサーやグラフィックボードの追記等が行われています。詳細は以下の通りです。

最低:
OS: WINDOWS 7 / WINDOWS 8.1 / WINDOWS 10 (64-BIT必須)
プロセッサー: Intel Core i5-4460以上、AMD FX-6300以上
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 760(2GB)/AMD Radeon R7 260x(2GB)以上
DirectX: Version 11
ストレージ: 35 GB 利用可能
追記事項: 本作はXinput対応コントローラーでのプレイを推奨いたします。ゲームアクティベーションの為にインターネット接続が必須です。※ネットワークはValve社提供のSTEAMシステムを使用します。

推奨:
OS: WINDOWS 7 / WINDOWS 8.1 / WINDOWS 10 (64-BIT必須)
プロセッサー: Intel Core i7-3770以上、AMD FX-9590以上
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 1060(6GB) / Radeon RX 480(8GB)以上
DirectX: Version 11
ストレージ: 35 GB 利用可能
追記事項:本作はXinput対応コントローラーでのプレイを推奨いたします。ゲームアクティベーションの為にインターネット接続が必須です。※ネットワークはValve社提供のSTEAMシステムを使用します。

PC版「デビル メイ クライ 5(DMC5)」は、PS4版/Xbox One版と共に2019年3月8日発売予定となっています。2月7日からPS4/Xbox One向けに体験版第2弾が配信される予定です。