282971

ベセスダ・ソフトワークスは、「Fallout 76(FO76)」において、先日導入されたパッチ5向けのホットフィックスを発表しました。
このホットフィックスは、開発ビルドの統合ミスにより発生した、パッチ5においての(再発を含む)不具合に対処するためのものとなっており、統合ミスの原因についても調査中であるとしました。ホットフィックスでの修正箇所は下記の通りです。
  • ヘアピン重量を0.001に再修正
  • Bulk Junk(バルク)が再度クラフト可能に
  • プランやレシピがキャラクターをまたいで表示されないように
具体的なホットフィックスの適応時間については現時点では明らかにされていませんが、週末から来週頭を予定しており、具体的な時間が分かり次第報告するとのことです。