ogp

2019年8月29日に発売された「アズールレーン クロスウェーブ(アズレンCW)」感想・レビューをまとめたものになります。プレイしようか迷っている方や、どんなソフトか知りたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。
Affirmative Review(肯定的な感想・レビュー)

モデリングは再現度高いし、既存の立ち絵に表情差分が作られてたりと、ファンアイテムとしてはいいんじゃないかしら。


新キャラの島風と駿河は魅力的だし、戦闘も普通に楽しめるレベルには達してるんじゃないかしらん。ストーリーを進めていって敵の攻撃が激しくなってからどうなるかだねぇ。元のスマホ版も一部高難易度以外はカジュアル寄りなゲームだから、題材にマッチはしてると思うし


ストーリーは色んなキャラの絡み合いが見れてキャラゲーとしては良きと思う。戦闘は駆逐や戦艦とかでタイプ変わるから好みあったやつ使って楽しんだらいいと思うよ


とりあえず1章まで終わらせた感想、意外と悪くはないと思う 戦闘の操作感もまずまず、元のアズレンを上手く3Dに落とし込めてる感じある


今のとこシューティングはおまけ程度でキャラゲー要素が強いけどわりとフランクに楽しめてる。やりこみ要素含めて奥がどれくらいあるかだけどキャラゲーの域で納まりそう。シューティングゲーとして買うのはおススメしないけどアズレン好きなら〇


アドベンチャーゲーにおまけで戦闘って感じかな、キャラの掛け合いが楽しいからアズレンキャラ好きならかなりの良作。戦闘はしょぼいのは否めないが特にストレス感じたりしないし十分及第点。自分の好きなキャラが登場、特にプレイアブルなら買って損はしないだろう


フルボイスと表情差分で見慣れた娘たちがストーリーにでてくるだけでなんか嬉しい。操作もストレスないし買って後悔は今のところしてない


アズールレーン クロスウェーブの操作のbタイプ、R1が第一兵装、L1が第2兵装、R2が魚雷系、L2がスキル系と振れるからアーマードコアみたいに操作できて楽しい


Critically Review(批判的な感想・レビュー)

ダウンロード版購入なので予約でもネプネプのコードが貰えない悲しみよ…。ストーリーは完全パラレルな感じでKAN-SENの設定事態違うのかも(キューブ由来じゃない可能性も)。バトルパートは…うん。


デカイ量産型が遠くから近付いてくるんじゃなく、突然目の前にポップしたり、移動範囲制限で敵に接触する距離まで近付けなかつたりと、この辺りはある意味想定内な出来かな(苦笑)


まあ、期待してなかったけど、なかなかの手抜きゲーだな。無双みたいなイメージだったけど、ほんとソシャゲをただ単に3Dにしました的なゲームだな


やってみてるけど戦闘はやっぱりこれすぐ飽きそう・・3Dになってるだけで操作はアプリ版とそこまで変わらん。モデリングとかキャラ周りは普通に良い


まぁ、コンパイルだからそんなに期待はしてなかったけど、予想より遥かに出来が悪くて絶望した。紙芝居も序盤からクソ長くてだれるこらその辺の配分も考えろよクソが



カットインされるイベント絵のクオリティがたまにひくすぎるのがマイナス。高雄愛宕山城の登場絵ひどかった。やっすい金で三流イラストレーター雇ったのか?


・敵として出てくる相手は自分が使えない。初回はともかく一回倒したら同キャラ使用OKじゃダメか?海域MAPの微妙な隙間が通れなくて迂回が必要なのがめんどくさい。特に同キャラ仕様がずっとNGは割と意味分からん



ほぼADVメインで戦闘は単調かな。島風好きには嬉しい会話パートだけど(ウザ可愛系)‥すまん‥戦闘であのPS3のビビッドマヨラーを思い出してしまった。これがアーマードコア並の戦闘だったら神ゲーなんだがなー


アズレンクロスウェーブが実質アーマードコアと言われているが透明な壁がある時点で実質アーマードコアでもなんでもないってそれ


いかんせんプレイアブルが少ないのとその少ない中で鉄血艦が少ない